mieru-TVというレンタル配信サービスを契約してみた。

mieru-TV(みえるTV)という映像作品レンタル配信サービスについて紹介しています。

本記事はPRを含みます。

この記事を読んで契約すると、2カ月継続した場合に初月分が無料になります。

見放題サービスと何が違うの?mieru-TVについて

NetflixやAmazonプライムビデオなど、月額課金で映画やアニメ、ドラマが見放題のサービスを利用している方は多いだろう。インターネット接続さえあれば、いつでも何回でも視聴できて、いくら観ても月額課金以上の金額はかからない。

今回紹介するmieru-TV(みえるTV)は、GEOやTSUTAYAなどのレンタルDVDサービスに近しい。違うのはDVDを借りに行ったり返す手間なく即オンライン再生で完結するのと、月額ポイント制であることだ。月額2000ポイントが毎月支給され、ポイントを消化することで、レンタルし、映画やアニメ、ドラマを視聴できる。

運営会社株式会社 ZITTO
会社サイトhttps://www.zitto.jp
月額料金税込990円(毎月2000ポイント付与)
無料試聴期間なし。1か月以内で解約した場合1ヶ月分の料金が発生する。
本記事から契約すると、2カ月継続した場合に初月分が無料になる。
※ 最初の2か月間990円で4000ポイント分視聴可能
再生環境スマートフォン、タブレット、PC
(ブラウザーが使える端末全てで視聴可能)
※テレビはChromecastのみ対応
デバイス数マルチデバイス5台まで対応
ダウンロード対応。ストリーミング視聴可
視聴形態レンタルのみ。48時間再生可能
ジャンル新作映画
海外映画
国内映画
新作ドラマ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓国ドラマ
アニメ
バラエティ他
作品数10,000本以上(順次追加)
契約申込先【mieru-TV(みえるTV)】2ヶ月継続で初月無料キャンペーンはこちら

あの最新作がいち早く視聴可能!

NetflixやAmazonプライムビデオは筆者も契約している。映画やドラマ、アニメ作品のアンテナが立っている方なら理解できると思うが、今すぐに観たい作品が、見放題サービスで配信されているとは限らないのである。

mieru-TV(みえるTV)では、レンタル契約という特性上、映画館で上映が終了した作品が、GEOやTSUTAYAと同じタイミング、あるいはオンラインなので、レンタル以上に早く直ちに視聴可能になる作品が数多く配信される

尚且つ、GEOやTSUTAYAのDVDレンタルでありがちな、最新作全部貸出中でがっくり凹んだ休日は誰にでもあると思うが、オンラインレンタルにはパッケージの在庫という概念がないため、配信中作品が観られないという現象は絶対に発生しない。DVDに傷が入っていて視聴できず申し訳なくも店員さんにクレームを入れるあの辛さも決して発生しない。

また、制作会社や権利の都合で、NetflixやAmazonプライムビデオでは配信されないドラマや映画はいくらでもあると思う。それは地上波デジタル放送で放送されているドラマのうち、見放題サービスでやってくるのが一部である現状から、著作権や法律に詳しくなくても何となくみんな理解しているところのものである。

ところが、レンタルとなると契約形態の違いから映画やドラマの選択肢の幅が圧倒的に広がる。また、見放題サービスは配信のタイミングが遅かったり不明だったり、そもそも配信がやってこない可能性も十分ある。そこでアドバンテージとなるのがレンタル契約である。DVDレンタルよりも早く配信開始されるレンタルサービスこそがmieru-TV(みえるTV)なのである。

10,000本ていうけど、配信作品は具体的には?一覧みせて!

NetflixやAmazonプライムビデオで見放題サービスを利用している方は、見放題とかぶっている作品は、レンタルサービスでは利用したくないだろう。意味のないポイント出費になりかねない。

しかし、人間の一日の時間は24時間である。どんなに頑張っても、mieru-TV約10,000本のラインアップを全て視聴し尽くすのは不可能だ。見放題と一切かぶらない作品に限定しても、レンタルで観るものがなくて困る心配なんて要らない。

見放題サービスだと、暇な時間に今一番観たい最新作品ではなくて、とりあえず配信されている中から何となく選ぶ方が大半ではないだろうか。レンタルとなると、自分からアグレッシヴに作品をチョイスするし、新作のアンテナ感度が高い方は、多少割高でも今観たい新作や話題作を選ぶだろう。そんなときがmieru-TV(みえるTV)の活用のしどころである。

見放題サービスは、基本的に今すぐに観たい最新作と、実際に配信されているサービスに、絶対にギャップがある。映像作品に対する感受性の高い方はよりこのギャップを強く感じていることだろう。このギャップをGEOやTSUTAYAのレンタルで埋める手もあるが、店舗まで車を走らせ赴いて、セルフレジでピッピッとやって、、という間にアニメだったら1話観終わる。しかも観終わったら返却という、時間的に何のメリットもない罰ゲーム付き。宅配レンタルは店舗への移動や決済を短縮できるが、今すぐに観たい気持ちには絶対に対応できない。むしろ宅配なので日をまたぐほどのタイムラグが発生してしまう。

その自分の新作に対する感受性を大切にするならば、他の見放題サービス契約中でも、レンタルだからこそ実現できる新作へのアンテナとしてmieru-TV(みえるTV)を契約するのは大いなる一手と言える。映画館に行くのも忙しい人なら月1回時間を工面するのも大変だが、mieru-TV(みえるTV)は上映中に足を運べなかった話題の新作が映画館の半額ほどの契約でどこでも好きな時間に今すぐ月4本観られるので、充分感度の高いアンテナとして機能するのではないだろうか。月何回か映画館に行く出費と時間効率を考えるとコストパフォーマンスは決して悪くない。

前置きが長くなったが、実際にレンタル配信されている動画一覧は以下参考リンクから確認できる。

見てもらえばわかるとおり、絶対に見放題サービスには来ないであろう、マニアックなあの作品がラインアップしていたりする。どちらかというと売れなかった映画など、レンタル契約だとあったりするのである。どうだろう、観たかったあの作品やこの作品まで見つかるならば、最初の2ヶ月は990円で4,000ポイント分視聴可能である。決して割高の選択でもないことがご理解いただけただろうか。

契約の流れ

以下広告あるいはリンクから、サイトを開いてください。

【mieru-TV(みえるTV)】2ヶ月継続で初月無料キャンペーンはこちら

1)リンク先から「最大1ヶ月無料体験はこちら」と書かれたボタンを選択します。

2)登録についてのご注意が表示されます。

未成年の方は契約に親権者の同意が必要です。

3)チェックを入れて、もう一度「最大1ヶ月無料体験はこちら」と書かれたボタンを選択します。

決済方法を選択する

携帯電話の合算請求か、クレジットカード決済を選択できます。ここではクレジットカード決済を利用する手順を紹介します。

以降は「ZITTO ID」を選択した場合の手順です。

ZITTO IDを作成するメールアドレスを入力して「送信する」ボタンを押します。
仮登録が完了します。

メールボックスを確認します。
メールに記載されたURLから会員登録へお進み下さい。

パスワードを設定します。
記号は使えないのでご注意ください。
ここで登録したメールアドレスとパスワードはログイン時に使用します。
「登録する」ボタンを押します。

「mieru-TV」ボタンを押します。

チェックを入れて、「月額990円(税込)プランを申し込む」ボタンを押します。

「お申し込みを確定し決済手続きに進む」ボタンを押します。

「購入」ボタンを押します。決済が確定します。これにより990円の支払いが発生します。

10秒ほど待ち時間が発生しますが画面が以下に切り替わるまで待機してください。

以上で申込み完了となります。

スマートフォンのアプリは使えない。アプリ不要で観られる

アプリインストールは申込完了画面から直ちにできる。以下にも一応リンクを載せている。

ただし、mieru-TV契約の場合、どういうわけかアプリでログインできない。どういう理不尽なのか、記事を執筆している当方としても頭を抱えたくなるが、スマートフォンでもタブレットでもブラウザーからログインすればアプリ不要で楽しめるので問題はないだろう。

ごめん、ブラウザーから以下にアクセスしてログインしてね!

アプリが使えないので、上記サイトをブックマークして対応して欲しい。

実際に視聴体験してみた!

映画館で上映終了し、Blu-rayおよびDVD発売前だとしても、レンタル契約だと配信されていたりする。数少ない映画館で放映されるも、上映回数と映画館自体の場所が少なくて、どうしても観たかったのに観に行けなかった映画が選べたりする。あるいは、番組特別企画などおそらく見放題サービスには来ないであろう、知る人ぞ知る作品がmieru-TVでレンタル先行配信されているのである。

映画スクリーンショットの再生ボタンを押す。

作品によっては、ここでSD画質とHD画質で消費ポイントが分かれたりする。SD画質とは通常DVD画質で、地上波デジタル放送より画質が劣る。HDとは通常、Blu-ray Discや地上波デジタル放送相当の画質である。実写作品がSDだと24インチ以上の画面だと物足りない場合がある。アニメ作品なら線画なのでPCやテレビでもSDとHDは(筆者は)区別が付かない。余談だが実写映像でも4KとHDの区別が付く人はよほど目がいい人か100インチ相当のかなりデカいTVを持っているかのどちらかで、通常HDで問題ないだろう。筆者はリビングの4K対応55型テレビで4K映像と地デジHD画質の区別が付かない。

スマホやタブレットの場合、あの小さい画面で観るなら、ここでSDを選択するのは一手としてありだろう。筆者は普段からPCでしか視聴しないので、HDを選ぶ。「(数字)ポイント」ボタンを押す。

下からポップアップが出るので、「確定」ボタンを押す。

レンタル中との表示に切り替わる。視聴期限は1分の漏れもなく48時間まで。さすがレンタルである。時間制限がコンテンツに対する集中力を産むのでデメリットでもない。

筆者はブラウザーの速度可変アドオンで1.8倍速とか2.0倍速で観ることが多い。mieru-TV(みえるTV)でも問題なく速度可変で視聴可能だ。見放題サービスともそん色なく視聴できることを確認した。

解約方法について

2ヶ月後に実際に解約して手順を追記します。筆者も人の子であるので2ヶ月4000ポイントは使い切りたい。だからちょっと待って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です