WindowsとmacOSでファイル共有する方法

WindowsとmacOSのファイル共有

家庭内のWi-FiおよびLANネットワークでファイル共有する必要がある場合は、筆者の場合滅多にない。

でも、ちょっとこのファイルだけ別のPCにも入れておきたい、などということはある。その際もUSBメモリにコピーして別のPCに挿し直して、USBメモリからファイルをコピーしてやれば、ほとんどの場合、事足りる。

ただ、同じローカルネットワークに接続したPC同士でデータの移動ができないままなのはスマートではない。筆者の場合はゲーミングPCはWindows、そしてサブマシンにMacBookを使用しているが、取り急ぎの際、USBメモリでデータを移動していた。これを何とかしようと考えてファイル共有する方法を調べた。

なんで今までやらなかったのかといえば、無精と怠惰に身を任せていた。(だってUSBメモリで十分なんだもん)

10年前にもやったことあるし、ちょっと調べれば楽勝だろう、と思っていたが、意外と難しかったので、備忘録をここに記す。

Windowsでの事前準備

Windowsスタートボタンを右クリック→ネットワーク接続→イーサネット→ネットワークプロファイルの種類をプライベートにする

スタートボタンを右クリックして『ネットワーク接続』を選択
スタートボタンを右クリックして『ネットワーク接続』を選択
ネットワークとインターネットからイーサネットを選択
ネットワークとインターネットからイーサネットを選択
イーサネットからプライベートにチェックを入れる
イーサネットからプライベートにチェックを入れる

macOSで共有したいフォルダーにアクセス許可を与える


フォルダを右クリック→プロパティ→共有→詳細な共有→アクセス許可→追加
から、Windowsで利用している接続を許可したいユーザーのMicrosoftアカウントを追加する

共有したいフォルダを右クリック→プロパティ
共有したいフォルダを右クリック→プロパティ
タブの『共有』から『詳細な共有』をクリック
タブの『共有』から『詳細な共有』をクリック
『このフォルダーを共有する』にチェックを入れて『アクセス許可』をクリック
『このフォルダーを共有する』にチェックを入れて『アクセス許可』をクリック
Microsoftアカウントと同じユーザー名を設定しアクセスを許可する
Microsoftアカウントと同じユーザー名を設定しアクセスを許可する

macOSでの事前準備

macOSのシステム環境設定→共有→ファイル共有:オン→オプション→SMBを使用してファイルやフォルダを共有にチェック

『システム環境設定』から『共有』を選択
『ファイル共有』にチェックを入れてオプションを設定する
『SMBを使用してファイルやフォルダを共有』にチェックを入れる

macOSからWindowsを参照する方法

まず、WindowsのIPアドレスを調べる必要がある。
Windowsからcmdと検索して、コマンドプロンプトを開き、ipconfigと入力し、Enterキーを押す。

cmdと検索すればコマンドプロンプトが表示される
コマンドプロンプトで『ipconfig』と入力する

IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.*.** 

IPv4 アドレスの項目がローカルネットワークで使用するIPアドレスだ。

次にmacOSの『Finder』→『移動』→『サーバへ接続』を選択する。

『Finder』→『移動』→『サーバへ接続』を選択
『Finder』→『移動』→『サーバへ接続』を選択


表示されたダイアログで、smb://192.168.*.*の数字のところにWindowsのIPアドレスを入力する。

smb://192.168.***.のところにWindowsのIPアドレスを入力
smb://192.168.*.* のところにWindowsのIPアドレスを入力


接続をクリックして、サーバ用の名前とパスワードを入力する。

サーバ用の名前とパスワードを入力
サーバ用の名前とパスワードを入力
macOSでサーバ用の名前とパスワードを入力する際の注意事項


ここで入力する値は、Microsoftアカウントのメールアドレスと、Microsoftアカウントにサインインする際に利用しているパスワードである。普段使っている名前とログオンパスワードやPINではないことに注意する。
接続できれば事前に共有設定したWindowsのフォルダーが表示される。

WindowsからmacOSを参照する方法

WindowsからmacOSを参照する際にもmacOSのIPアドレスを調べる必要がある。macOSのIPアドレスはシステム環境設定からネットワークを選べばすぐにわかる。

『システム環境設定』から『ネットワーク』

macで調べたIPアドレスを、Windowsのエクスプローラーに入力する。なお、入力書式は以下である。

¥¥192.168. *.

¥¥と円マークを冒頭に半角で二つ記載してIPアドレスを入力する
¥¥と円マークを冒頭に半角で二つ記載してIPアドレスを入力する

ネットワーク資格情報の入力ダイアログが表示されるので、macOSで利用しているユーザ名とMacにログインする際に利用しているパスワードを入力する。

ネットワーク資格情報の入力ダイアログ
ネットワーク資格情報の入力ダイアログ
Windowsでのネットワーク資格情報の入力の注意事項


ここで注意して欲しいのが、普段、macOSにログインしている名前が「山田太郎」だからといってそれを入力してもログインできない。ここで入力するのは、macOSのホームディレクトリで使用されているユーザ名(アルファベット)である。

macOSのホームディレクトリで使用されているユーザ名(アルファベット)を確認する

システム環境設定→ユーザとグループ→鍵のロック解除→ユーザを選択して「control」キーを押しながらクリック→詳細オプション

システム環境設定→ユーザとグループ→鍵のロック解除
システム環境設定→ユーザとグループ→鍵のロック解除

鍵をアンロックするために、macOSで使用している管理者の名前とパスワードを入力する。macOSのログインと同じである。次にユーザを選択して「control」キーを押しながらクリック→詳細オプション

ユーザを選択して「control」キーを押しながらクリック→詳細オプション
ユーザを選択して「control」キーを押しながらクリック→詳細オプション

表示されたホームディレクトリからユーザ名アルファベットを知ることができる。

ホームディレクトリの『/Users/』に続くアルファベットがユーザ名
ホームディレクトリの『/Users/』に続くアルファベットがユーザ名

このアルファベットがWindowsからmacOSへログインする際のユーザ名となる。嫌がらせかというほどわかりづらいが、MicrosoftとAppleは別会社なので分かりやすくしろ!と怒ったところで仕方ない。相互にファイル共有ができるだけよしとしよう。

実はWindowsからmacOSにログインできなくて3時間ぐらい探しまくって山勘で引き出したのが上記ユーザ名の罠であった。

以上、macOSとWindowsで相互にファイルを共有する方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。